老化防止や美容効果の効能に期待!|青汁やブルーベリーのPOWER

健康

基本と注意点

基本的な野菜と果物

スムージー

グリーンスムージーには、様々な効果があります。なので、最近では健康食品の中でも人気があり、定番となってきています。グリーンスムージーには粉末状のものなども出てきていますが、自分で作るという方法が一般的です。自分で作る際、気をつけなくてはならないのが食材選びです。これによって味も効果も変わってきます。基本的にはグリーンスムージーの中に入れると良いものは、甘味系のフルーツと、酸味が効いたフルーツ、そして、葉野菜です。甘味系のフルーツの中には、バナナやリンゴなどの果物が入ります。酸味系のフルーツは、レモンやグレープフルーツ、キウイなどです。葉野菜は、モロヘイヤやほうれん草、グリーンレタスなどの野菜です。

飲む時に注意点すること

グリーンスムージーを飲む際に注意したいことはいくつかあります。まず、グリーンスムージーを飲むタイミングです。グリーンスムージーは、胃の中に何もない状態に飲むのがベストとされています。つまり、朝起きた直後に飲むことが一番良いです。理由は、胃の中に何もない状態だと、栄養分の吸収が早く、効果的だといえます。また、この時に何かと一緒にグリーンスムージーを飲むのではなく、単体で飲むことも重要です。二つ目に注意したいことは、栄養素をより体に吸収させるために、グリーンスムージーを飲んだ後は、1時間程度食事をしないということです。グリーンスムージーのもとの野菜や果物は消化する時間が1程度ですが、肉や魚などの食事は消化するのにとても時間がかかるので、取らないほうがより効果を発揮できるということです。